【袴の着付け】実践講座1名様募集♪

袴着付けの実践講座で盛り上がりの今月です(笑)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
卒業式のお着付けでは袴中心ですが、振袖の方も多くいらっしゃいますね。
袴着付けと振袖着付両方しっかりとこなさなくてはいけませんので、練習も手を抜かず頑張らないと!ですね


袴の着付け実践講座


今月の袴の着付け実践講座では、着物の裾の決め方やおはしょりの整え方、何故その方法がベストなのか、他の方法がお勧めできない理由。袴紐の長さが足りない時の対処方法、袴丈が短い場合や長い場合の着付け方など、普通の着付けでは進められない場合に焦ることなく対応できる方法をお伝えしています。

2月23日(火)に1席空きが出ましたので、参加してみたい方はご連絡くださいませね。

▼講座料金の詳細はこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7283e4c2211191

◎着物の着付け 10:00~13:00
1.補整
2.長襦袢の着付け
3.着物の着付け

◎袴の着付け 14:00~17:00
1.半巾帯の結び方
2.裾線が美しい袴の着付け
3.丈が短い(または長い)時の袴着付け
4.前紐の長さが足りない時の袴着付け

袴のひだが広がってしまうお着付けになっている方、長さや袴丈の問題を解決されたい方には大変お役に立てる講座内容となっています。

綺麗に着付けると、袴のひだは広がらないのです。
後姿も袴の裾線が上がってしまうこともありません。
スラ~っとほっそりした着付け上がりになります。


袴着付けにはヘラ使用がお勧め!


振袖や訪問着、留袖などの一般的な着付けでは、私はヘラを使用しません。ヘラを必要としない着付けの流れにしているからです。

しかし!
袴着付けだけなヘラを使用する個所が一ヶ所。

袴紐を通す時に使うのですが、この時、指だけで紐が通るようでは紐のかけ方が甘いと思っていますので、袴着付けではヘラを使用し、せっかくきつめにかけた袴紐を緩ませることをしない流れにしています。

ヘラを通すのも困難なくらいの紐かけにしていますので、正直振袖着付の方が指先はとても楽です。
袴着付けは力を使います。

昨日の講座では、ヘラらを通すのも大変!という紐のかけ方で、力を必要とする袴着付けを実感して頂きました。

それ程しっかりと紐かけをしていても苦しくありませんので、お客様も安心してお過ごし頂けます。

ご興味のある方はご連絡お待ちしております。

▼お申込み・お問合せはこちらからお願いいたします
お問合せ・メッセージ



YouTubeチャンネル登録をお待ちしています♪




チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/user/koharu23




ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事