ご質問!結ばない創作帯結びの崩れについて

ご質問を頂きました♪

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
先日発表しましたコチラのテキスト。

DLmarketで購入
【着付師】振袖用創作帯結び「結」結ばない方法【動画】

お陰様で、嬉しいご感想も頂きまして喜んでおります。

結ばない方法を今までいくつか発表しておりますので、いずれの方法でも結ばない帯結びでの注意点をお伝えしておりますが、私も日々進化しておりますので、最新版がやはりお勧めになって参ります。

手際よく進められる流れですので時間短縮になり、緩ませない為のポイントも。
こちらのテキストには、商品ページにも記載しておりますが、ホント「これだけ?」という結ばない流れですので、結ばないことによる帯結びの崩れを心配されることもあるようです。

結論から申し上げますと、この方法でポイントを押さえて行って頂きましたら、崩れる心配はありません。

お太鼓結びでも私自身は結ばない流れで仕上げておりますが崩れることはありません。お客様のお太鼓結びでも、ほとんど結ばない仕上げにしております。
時々、「帯は結ぶもの」というお考えのお客様もいらっしゃいますので、ご要望通りにその時は結ばせて頂きます。帯にとって結ばない方が良い場合もありますので、その場合にはその旨をお伝えいたしましてお客様にご判断頂いています。


結ばない方法で行っても帯締めを緩みなくしっかりと結べていれば崩れる心配はありません。
創作帯結びでは創作の流れによっては結ばない方法でも帯締め不要で崩さずに仕上げることも可能ですが、帯質によっても異なりますので絶対とは言い切れません。

考え方としましてはお太鼓の時と同じ。結ばない流れの創作帯結びでもポイントを押さえておけば崩れの心配はないのです。



結ばない流れが良い場合と結ぶ流れが良い場合があります


帯結びや帯質によってどちらの方法が良いのかを判断します。
どちらでも大丈夫な場合には、着付師の判断でどちらの方法を選んでも問題ありませんね。気持ちが楽になると思います。得意な方で進められますね。

結ばない流れが良い場合


結ばない流れが良い場合は、お客様の体型や帯により創作帯結びとして十分な帯の長さを確保できないと判断した時にお勧めです。結ばないことでその分の長さをお羽根に持って行くことが出来るため、充分な長さがなくても華やかな帯結びに仕上げることが出来ます。

また、厚い帯の場合には結ぶとその結び目が大きくなることで帯結びにボリュームが出過ぎることを避けたい時や、帯への負担を軽減したい場合(高級な帯、箔使いの帯、唐織など、または年代物でスレが気になるなど)にもお勧めですし、帯の巻き終わりから結び目にかけてふた巻き目がどうしても上がってしまう方にもお勧めです。

これは方法を知ってしまえば巻き終わりが上がることは皆無なのですが、巻き終わりを綺麗に整えられないのであればお客様に申し訳ありませんものね。それまでは結ばない方法で、ということで対処することが可能となります。
上がり方が激しいと前姿にも影響してしまいますので、気になる方は方法を研究するか結ばない方法で脇も前も美しく!整えられれば不安が無くなります。

▼小春のダウンロードテキストの帯の巻き方にもポイント盛り沢山です(PR♪)
着付師技術向上テキスト:帯結び


そして最後に、着付師の腱鞘炎防止にも結ばない方法はお勧めです。
本当は、帯を結ぶときの力はそれほど必要とせずにしっかりと締められるものですので、結び方を理解しますと「バカ力」(失礼!)は要らないのです。ですから腱鞘炎を悪化させることもありません。
そうはいっても着付けでは腕のチカラを使うことは事実ですので、力を必要とする回数を減らすことが出来れば更に腱鞘炎防止としては良いことになります♪


結ぶ流れが良い場合


結ぶ流れが良い場合は、帯質によって台座をしっかりと確保したい場合や帯結びによって、また帯が長すぎで結び目で使われる分に持って行き長さを少しでも短くしたい場合などにお勧めです。

結ばないと背はスッキリしますが、帯芯が入っていない場合やハリの無い帯ですと、台座への不安が残ることもあります(これも慣れてきますと不安なくできます^^)。
台座を結び目でしっかりと作ることで安定感が増しますし、その分のボリュームも出ます。
ハリの無い帯ですと一般的な帯結びと比べ、同じ帯結びをしてもボリュームにかけてしまいますので台座分もボリューム分へ回すことが出来ます。


創作帯結びの練習は日が浅い方へ


創作帯結びにあまり慣れていない方は、まず結ぶ帯結びの流れを徹底して練習されることをお勧めいたします。

別に良いじゃない!と言われればそれまでなのですが、私の考えを。

正統派の着付けを学ばれた方が着崩すと素敵に仕上がります。
それは着付けをしっかりと理解されているからです。着崩し部分にもキチンと感がありだらしなくは見えません。

それにくらべ、着崩した着付けを自己流から入られる方は、着崩した着付けではなく着崩れた着付けに見えてしまいます。ご本人は着崩しているつもりでも着崩れてしまっているように見えます。

これは惜しい!

このように着付けの流れが出来上がってしまいますと、ここから正統派の着付けを練習しても癖が出てしまうためなかなか美しく着付けられないもの、癖を直すのに時間がかかってしまいます。

先程の帯結びの話に戻りますが、台座の大切さ、帯質によっての結び分けなどをしっかりと理解してから結ばない方法の流れに入りますと、ポイントとなる個所を充分に理解できます。結ばないからこそ大事にしながら進めるポイントが分かっていますので崩れる不安はなくなります。

結んだ流れの練習中に「この帯は刺繍タップリ!出来るだけ擦らない様に仕上げましょう!」とイメージしながら結び進めますと、胴に回す時の注意点、結ぶときに出来るだけ帯が擦れない様にと配慮します。すると、「このような帯は結ばない方が帯にやさしい~♪」と実感します。
結ばない時にはどのようなことに注意をすればいいのかを考えられるようになっていきます。


もし、刺繍はたっぷりだけれどハリがない帯だった場合(たぶんそういう組み合わせは稀だと思いますが)、結ばないと結び目がなく台座を作れない!と思いますね。
ではそのような時の台座はどうすればいいの?と考えるといろんなアイディアが浮かんでくると思います。

これを繰り返しているうちに、結んだ方が良い帯(または帯結び)と結ばない方が良い場合の判断が付き、それと同時に、それぞれの足りない部分を補う方法をすぐに見つけ出すことが出来ます。


いずれも帯締めのかけ方が重要です


着物の要は腰紐、帯の要は帯締めです。

結ばない流れの時は特に帯締めは重要です。
しっかりと帯締めをかけられるように練習をされることも大事ですね。
帯締めをかけた後に帯結びが背から離れてしまうことのある方は、帯枕の付け方と帯締めのかけ方に要注意です。帯枕の背への付け方と帯締めのかけ方にもポイント盛り沢山です。

▼小春のダウンロードテキストの帯の巻き方にもポイント盛り沢山です(PR♪)
着付師■帯枕のつけ方&帯締めのかけ方 (動画解説)


結ばない流れでもその方法によっては帯締めがなくても(お忘れのお客様にも)対応することが出来ます。
緩みが心配な方は、まずは帯を胴に巻く時の流れを振り返ってみてください。ココにもポイント盛り沢山です。

スカイプで講座を受講された方も、実践講座を受講された方も結ぶときのちょっとしたコツによって力を必要とせずよ~~~く帯がしまうことに驚かれておりました。
ええ、わたし力はないのですがよ~~~く締められるのはこの方法を行っているからなのです(笑)とお伝えしますが、皆さん信じられない様子です(笑)。きっと私はバカ力の持ち主と思われているのでしょうね・・・(^^;)


結ぶ方法と結ばない方法のどちらが良いのかという点についてサクッとまとめてみました。

結ばない方法はその方法によっては崩れる場合も充分に考えられます。確実な方法で行わなければ崩れてしまうのは当然です。結ばないのですから。

どうしたら崩さないように進められるのかを考えながら、おおよそ大丈夫!と自信がついた頃、普段得意とされている帯結びを結ばない方法で行ってみてください。
ポイントをしっかりと理解したうえで結べば結んだ時と同じように仕上げられます。

そして解く時にも帯の状態をチェックしてみてください。
帯へのシワがどのようになっているか。
同じ帯結びでも方法によって帯にかかる負担に違いがあることを理解できると思います。お客様のお持ちの帯に出来るだけシワを作りたくない場合にはシワがあまりつかない方法にされると良いですね。

時間短縮にもなる結ばない方法を上手に取り入れ、成人式で素敵に結びあげましょうね。


▼ポイント盛り沢山でご好評頂いております有料テキストの詳細はこちら♪
DLmarketで購入
【着付師】振袖用創作帯結び「結」結ばない方法【動画】




▼振袖帯結び動画再生リストはこちらからどうぞ♪
【振袖用創作帯結び】YouTube


YouTubeチャンネル登録をお待ちしています♪




チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/user/koharu23




ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事