FC2ブログ

着物のヒップラインが気になる方へ、今後のために

白生地と染めについて。

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
私があまりにもヒップのラインのことを書くものですから、ご自分のお写真を振り返られて、ちょっと気になってしまったわという方もいらっしゃるかもしれません。

せっかくのお着物ですから、美しいお写真を残したいですよね。
これからは、お着付けの時に着付師さんへこの気になる部分をお伝え頂ければ、ヒップラインも美しいお着付けになります♪
自装される方も同じですので、ヒップラインに気をつけてお着付け頑張ってくださいね(^_-)-☆


また着付け以外にも気を付けておくと良い部分もありますので、今日はその部分をお伝えしたいと思います。



着物地は白生地と染めにより仕上がりに違いが出ます


絹糸がしっかりしていることがベース。
そして、その上にかける染料もまた大切な役目を持っています。

柄のある着物は、白生地の良し悪しの影響はあまりない場合もあります。例えばシワになりやすい生地であっても、柄によってはそのシワが目立ちにくいこともあります。

しかし、無地染めの場合は、白生地の良し悪しが仕上がりの美しさに影響してしまいます。

糸自体のハリやツヤによって、無地だからこそその良さが分かるのですね。
柄物の場合、その柄によっては生地質までは解り難かったりもします。

訪問着などの様に、裾模様の場合はヒップ周りには柄はなく無地になっているものが多いですね。そうなるとやっぱり白生地の良し悪しが影響することもあるでしょう。


無地になっていますと着付けによってヒップラインが強調されることもありますし、生地質、生地の厚み等によっての違いもありますので、ご購入時にはその点も充分に考えて購入されると良いですね。

薄手の生地の場合、特に気を付けて選びたいですね。

着物を購入するときは、生地質についてはあまり考えない部分だと思います。

素敵な柄~!
良い色合い~!

このあたりが購入の決め手ですよね。もちろんお値段も(^_-)-☆

まずは好みでないといけませんから、自分好みの柄や染色を探し、それから生地質についてしっかりと吟味することが大事です。

呉服屋さんで、

「この生地は〇〇産で、重さは〇〇グラムあるんですよ」
「染は〇〇染で下地染めから含めて〇回染めています」

このようなフレーズ聞いたことはありませんか?
これは物凄く大事で、産地がわかると絹糸までしっかりと保証されている訳ですから安心です。

そして重さも大事ですね。

着用目的によって、織りや重さの選択も変わりますが、購入時にしっかりとチェックしておくことは大事です。

真冬に着たい着物の場合は、肉厚の生地が良いですし、春先なら少し薄めがすごしやすいでしょう。
この辺も、呉服屋さんにいつ頃着たい着物を作るのかを伝えると、シーズンにあった生地を見つけて頂けます♪


反物状態の時に、端っこにこのようなスタンプや証紙などが貼られているのを目にしたことはありませんか?

この部分でその反物の全てが分かるのです。






絵羽物でもちゃんとついています。




購入時にはこの部分をしっかりとチェックしてみると、違った見方で愛着も増すと思います。

既に仕立て上がって手元にあるお着物にも、ちゃんと残布として残っています(^^)
仕立てあがったときにたとう紙の中に一緒に入っていた「あまりぎれ」の袋の中に残布がまとまっています。その中の一枚は証紙がついていたり、印のあるものです。
それで全てわかりますのでぜひご覧になってみてくださいね。


これから購入される方は、必ず確認してみてください。
そしてどのような流れでその着物が出来あがったのかをじっくりと聞いてみてくださいね。

白生地のこだわりは生地質に表れます。
染めは、技法や染料の選択など作家さんのこだわりが伝わります。

化学染料も多くなっている時代ですから、染料は何かということも聞いてみると良いですね。

どこで作られたものなのかということを理解したうえでの購入であれば、失敗のお買いものにはなりませんものね。



単衣の着物


単衣の着物の準備をそろそろしたくなりますね。
裏地が無くなり着物一枚で着られますので、着物地の選び方も大事になってきます。

生地がしっかりしているものですと単衣の季節には暑いですし、かと言って薄い生地ですとヒップラインが気になりますしね。

ここでもやはり生地質が大事になってきます。
白生地がしっかりしていればそれだけ安心ですね。

単衣の着物の場合は、居敷き当て(いしきあて)をつけることで、強度も増しますしヒップラインが目立ちにくくなります。

薄手の着物の場合はつけておかれた方が安心ですね。この辺もお仕立て前に呉服屋さんに確認しておくと良いですね。

単衣の着物の時は夏物の長襦袢を合わせますので、長襦袢も薄手。やっぱりヒップラインが気になりますね。


既に仕立て上がっている単衣の着物にも居敷き当てをつけることが出来ますので、気になる方はお仕立て屋さんに相談してみると良いですね。


袷の季節の着付けよりも、更にヒップラインを気にした着付けで、これからの薄物の季節を素敵にお出かけしたいですね。




大好評!アロマクラフト


【アロマ】脳の活性化に!昼用アロマを楽しむためのアロマペンダントの作り方

【アロマ】冬に活躍の風邪予防のルームスプレー


ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


着物の着付け


着付師【1】腰紐のかけ方

着付師【2】胸紐のかけ方

着付師【3】おはしょりの整え方

【set】着付師テキストセット【1】【2】【3】【プレゼント2冊】


帯結び


着付師【帯結び(1)】帯の巻き方・結び方・台座の固定方法(動画解説)

着付師【帯結び(2)】美しい羽根の作り方(動画解説)


帯まわり


着付師■帯枕のつけ方&帯締めのかけ方 (動画解説)

着付師■枕のガーゼ&三重紐の整え方(動画解説)

着付師【帯揚げ1】本結びを美しく整えるテクニック(テキスト&動画解説)

着付師【帯揚げ2】絞りの帯揚げ3種:美しく整えるテクニック(動画解説)

【set】着付師テキストセット【帯揚げの整え方】特典つき(テキスト・動画解説)





ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事