帯揚げの本結びをふっくらとボリュームアップ!

先日の帯揚げの写真は訪問着など一般的な装いの時に合わせております。
振袖の場合でも、帯揚げをあまり出したくない方にはちょうど良いですね。

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
じゃ~~~ん♪

こちらが、ふっくらと仕上げた帯揚げの本結びです。

帯揚げふっくら仕上げ


前にご覧頂きました写真がこちらです。

帯揚げの整え方


あまり変わらない感じがしますかしら?

良く見て頂きますと、厚みが違うんですね。
厚みを作っている分しっかりとするため形が固定されます。
ちょっと触ったくらいでは、絶対に崩れません。

帯揚げふっくら仕上げ

少し横から見ると、ふっくら感が伝わるかしら?


ちょっと手を加えることで普通の仕上がりにもできますし、振袖に合わせるようにボリュームアップすることもできます(^^)!


前姿の帯揚げは帯締めよりも難しいと思います。
ヨレヨレ・・・と波打っている仕上がりになった後、何とか整えたくても絶対に整えられませんね。結ぶ前の下準備が最も大事な作業となります。


あるものをある流れをしまして整えました。
ですから絶対に崩れません。

また帯揚げのあまり部分も出来るだけシワが出ないように整える流れを作っています。

はい(^^)
私のこだわりです。

解いたときに、シワシワの帯揚げを見るのは悲しくなります。

お着物をお召しの時は表面の美しさに満足しますが、脱いだ時の着物や小物に残るシワ、このシワが少なければ少ないほど、お客様はお喜びになります。

ん・・・。シワが残っていない時はお喜びにはならないかもしれませんね。
きっとお気付きにならないでしょうから。

でも逆の場合、シワいっぱいの時には間違いなく悲しい想いになりますね。
そのような想いとなりませんよう、注意したいと思っている点です。


練習、研究しまして、どのような素材でも自在に操れるようにいたしましょうね♪


帯揚げテキスト間もなく完成いたします(^_-)-☆
気になるわ~と思って頂ける方、もう少しお待ちくださいませね。



ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


着付師【1】腰紐のかけ方:苦しくない!緩ませない方法を解説

着付師【2】胸紐のかけ方:崩れ知らずの衿元に仕上げる方法を解説

着付師【3】おはしょりの整え方:美しいおはしょりに仕上げる方法を解説

着付師テキストセット【1】【2】【3】【プレゼント】





ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事
カテゴリ: 着付け技術