FC2ブログ

振袖の帯結びで帯枕がぐらつく方へ

創作帯結びを楽しんでいますか?

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
練習!練習!
練習あるのみ!ですものね。

頭で覚えるのではなく指先に覚えてもらって、楽しみながら進められるようにしたいですね。

頑張って参りましょう(^_-)-☆



振袖の帯結びに枕は必要?必要ない?


帯結びで枕を使うことで、ふっくらとした仕上がりになります。
基本は帯枕を使用する流れですね。

着付師の持つ技術によっては帯枕を使用せず三重紐のみでも美しく仕上げることもできますね。

三重紐と帯枕の紐の2本使用するよりも、三重紐1本の紐、または帯枕の紐のみのどちらが1本のみの使用の方がお召しになっているご本人様は楽なはずですよね。

帯枕は使用しなくても良い場合は、省く勇気も必要です。

ただし薄手の帯や、帯結びによっては帯枕はぜひ使用したい場合もありますから、その判断を誤らない様、練習の時にもいろんなタイプの帯で、同じ帯結びをされるとその違いを把握できるようになります。

当然長さもハリも違ってきますから、同じ帯結びでも帯質によってこんなにも違いが出るのね?ということが分かるだけでも大きく前進いたします(*^^*)


私は基本、帯枕は使用しないで創作帯結びを進めています。
先程書きましたが、三重紐と帯枕の両方を使用しますと苦しさにもつながるため、どちらか1本で進めています。

三重紐をお持ちの方が多くいらっしゃいますし、ほとんどの方は華やかな帯結びをご希望されますので、三重紐は欠かせません。


三重紐に慣れていない方は、三重紐のみの仕上がりでは背から離れやすくご不安かと思います。
小春堂では長尺三重紐を販売しておりますので、安定させるためあったら良いかも?という方はぜひご利用くださいませね(PR)
一生懸命作らせて頂いております(^_-)-☆

変化・創作帯結び仮紐【長尺三重紐】


帯枕を使うのなら台座!枕を安定させることが大切!


帯枕を単に帯結びに使用しただけでは帯枕が落ちてきてしまったり、帯結びが崩れてしまったりの不都合が生じてしまいます。

使用するからには、帯枕のお役目をしっかりと果たせるようにしなくてはいけませんね。

帯枕を安定させるために台座を作ります。
この台座がなければ安定感に欠け、お召しの方の動きで少しずつ帯枕が動き、しまいには枕が落ちてしまう(背についているだけで役目を果たしていない)。

枕を乗せる台座の確保、ここがポイント。
そしてその台座となる部分の安定感がさらに大切となります。


帯枕の安定感を自由に操れれば、怖いものなしで創作帯結びに取り組めます。
帯枕を乗せるための台座を研究してみましょうね。


ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


着付師【1】腰紐のかけ方:苦しくない!緩ませない方法を解説

着付師【2】胸紐のかけ方:崩れ知らずの衿元に仕上げる方法を解説

着付師【3】おはしょりの整え方:美しいおはしょりに仕上げる方法を解説

着付師テキストセット【1】【2】【3】【プレゼント】





ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事
カテゴリ: 着付け技術