FC2ブログ

振袖のコーディネート写真(平置きです)♪

先日書きました打ち合わせに行ったときのお振袖。
お写真アップです(^_-)-☆

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
落ち着いた地色に色とりどりのお花の振袖。
帯も桜のお花。
帯結びのアレンジし甲斐があります(^_-)-☆

帯揚げは金茶の絞りはセットのコーディネート。その上にあるクリーム色の帯揚げはおばあちゃまのお品です。
ちょうどお色もあっていますので、当日は二色使いで華やかにさせて頂きたいと思っています♪

お嬢様はシンプルな帯結びをご希望のようですので、大人っぽく素敵にの予定でいます(^_-)-☆
お喜び頂けるよう頑張ります。


どのような感じになるのかをイメージして頂きたく、平置きにしてコーデしてみました。
この後に、「着てみますか?」となり、お母様へお着付けをしました。

帯結びの写真、着姿のお写真は私は撮らなかったので、こちらの平置きのコーデ写真のみのご紹介です。
いかがでしょうか(^_-)-☆

刺繍半衿も上品でしょう(*^^*)

振袖コーディネート

振袖コーデ


来年の成人式を迎えられるご家族の皆様も、こうしてウキウキされていることと思います(^_-)-☆

もしもご家族の方がお持ちの小物がありましたら、写真のようにひとつ何かを加えたコーディネートも想い出が重なりますので、皆様がHappyになれると思います(*^^*)♪

昔の帯揚げは絞りでも中央が絞りでないものが多いと思いますので、ご購入またはレンタルの帯揚げが総絞りの場合、相性はいいと思います。
綸子部分を多く出すと重くなりませんので素敵に決まると思います(^_-)-☆


コーディネートをお楽しみになる為たとう紙から出して広げてご覧になりましたら、折り線を確認しながら元の状態になるよう丁寧に畳んで仕舞いましょうね。
しつけ糸はまだ外さず、しっかりと縫い目を落ち着かせます。そして前日にしつけ糸は外します。

前日にしつけ糸を外してから着物ハンガーにかけて準備を整えます。
多少のシワはハンガーにかけることで消えますので、前日準備は欠かせませね。

美容院などでお着付けをされる方は、前日に持ち込むようになると思います。スタッフさんがこのように準備をしてくださると思いますので安心ですね。

全て準備が整っているかを確認し、足りないものは書き出して早めに準備しておくと安心ですね。


振袖着付の準備


まだ準備が整っていない方もいらっしゃると思いますので、必要なものをリストアップしてみますね。

肌着


肌襦袢
裾よけ
足袋


長襦袢


長襦袢
衿芯

※半衿がついているかの確認


着物


振袖
重ね衿(使用される方)



袋帯
帯板(前板と後ろ板)
帯揚げ
帯締め

三重紐(華やか伸び結びを希望される方)
帯枕(着付師により使用しない場合もあり)


着付け小物


腰紐4~5本
伊達締め2本
コーリンベルト1~2本(重ね衿を複数枚ご使用の方はあると良いですね)

※着付師によって使用する小物は異なる場合があります。


補整


補整用タオル3~4枚(薄手のもの)

※お胸の大きい方は和装ブラジャー


その他


バッグ・草履
ショール 振袖用(必要な方)



ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


着付師【1】腰紐のかけ方:苦しくない!緩ませない方法を解説

着付師【2】胸紐のかけ方:崩れ知らずの衿元に仕上げる方法を解説

着付師【3】おはしょりの整え方:美しいおはしょりに仕上げる方法を解説

着付師テキストセット【1】【2】【3】【プレゼント】





ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事