帯揚げの整え方

帯揚げの整え方が綺麗だと、お声掛けしてもらえちゃう(^_-)-☆

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
帯揚げを美しく整えられると、着物の前姿が更に美しく感じられますよね。

自装でも他装でも同じですね。

着物を着ることの多い方は、帯揚げの整え方まで物凄く神経を遣っていらっしゃると思います。

*見た目が美しい

*動いても崩れない

*横から見ても美しい

*斜め後ろから見られても自信あり!


帯揚げの整え方


またね、昔の写真を引っ張り出してきます私・・・(^^;)

呆れられちゃうかしら?
しばらく続くと思いますので、呆れないでお付き合いくださると、小春はとっても喜びます(^_-)-☆

美しく整えるのなら、脇から丁寧に


どうしても表の見えるところのみ美しく整えようとしてしまいがちですよね。よく目につくところだけ整えると、確かにその部分が美しいかもしれませんが、そこにつながるまでの処理がおろそかになってしまいます。

美しく見せるためには、「ここまでは見えないよね?」という部分まで丁寧に整えることが大事です。

この写真、脇の方から細くなっていますね。
そして、前にピーンと張っています。

ピーンと張っている理由は、美しい仕上がりにするためなのですが(笑)

帯揚げ整え

ピーンと張っている部分に偏りがあるとNGなのです。
全体が同じようにピーンと張っているように整えるのが大事なのですね。

帯揚げの生地に歪みを作らないということなのです。
上の方と下の方では、帯枕の影響があるため、同じにはならないのですね。
この調整を取りながら、写真のように引いたときにたるんでいる個所がなく、全体に同じようにピーンと張っていると、帯の中に入れた時でも、全体が美しく整ったままとなります。動いてもふわふわ~っとなることはありません。


そして、表に見えている生地だけでなく、内側に入っているアンコの生地のゆがみや厚みも影響してしまうんですね。

厚みがあるところと、生地の厚みがなく薄くなっているところでは、生地を張ってもその記事を支えるアンコの部分に差が生じてしまいます。

すると綺麗にふっくらと整えられたところと、ふわ~っと浮いた感じの状態に仕上がったところとでの差が生じてしまい、美しく整えられたところと、惜しい!という部分が出来てしまいます。

人の目は、だいたいがマイナス面が目に留まってしまうと思いますので(汗)、この惜しい!部分だけが印象に残ってしまいます。

せっかく丁寧に整える気持ちがあるのでしたら、上手に見えるように整え方に気を遣ってみましょう。

縦糸と横糸をよく確認して、生地の目に合わせて折り進めて行きます。
歪みが出来るようになってしまったらNGです。

そして折られた帯揚げ全体が同じ厚みになるようにします。

▼正面から
帯揚げの整え

▼横から
帯の下線を締める


ちょっとね、正面の写真、衽線が揃っていないわ~とか、おはしょりがちょっと浮いた感じだわ~などの反省が目につき恥ずかしい写真です。

この写真を撮った時、私は気付いていなかったのでしょうね。
昔に比べ上達したということですね。

この写真はいつのものだと思いますか?
楽天ブログで綴っていた時のもので、探してみましたら、「平成18年3月31日のコーディネートです。」と書いてありました。

キャ~ッ!
何年前のもの???

恥ずかしいですね~(汗)
よかったらご覧になってみてください。笑ってください。

放置状態ですので、リンク切れなどありましたら、ゴメンナサイ。

小春日和(着付)●仕上げのポイント(帯揚) | 着物の着付け:小春日和 *小春流着付* - 楽天ブログ



帯揚げは斜め後ろの角度がよく見られるの


帯揚げ整え

帯揚げを整える時、見えないところでも綺麗に整えなければならない理由がココにあります。

この角度からって、よく見られるんですよね(^_-)-☆

真正面は、何となく見る方も遠慮がちで、見つめ続けられないでしょう?
でも後姿なら見続けられます(笑)

ココも美しく整えていると、補整や下前のおはしょりも、「この方は丁寧にスッキリと整えていらっしゃるわね、きっと。」と思います(*^^*)

ココは意外と人さまに見られていますので、お出かけ前に確認するのも大事なのですが、帯揚げを整える時に、忘れずに鏡でチェックして頂きたい個所でもあります。


ここまで意識しますと、仕上がりが全然違ってきます。
10くらいのレベルだった方も100近くまでグレードアップします♪

クリスマスパーティや忘年会でお着物をお召しの予定がある方は、着付けの練習の時に帯揚げの美しさを追求してみてくださいね。
ため息が出ちゃうほど、美しさが増しますわ♪


遊び心で帯揚げアレンジ


帯揚げアレンジ

帯揚げアレンジ

帯揚げアレンジ

▼もっとご覧になりたい方はこちらをどうぞ♪※懐かしい写真です
帯締・帯揚のアレンジ写真集:振袖の着付と準備

こちらの写真も、おはしょりの浮きなど恥ずかしい個所ありです(汗)
たしか、2007年くらいの写真だったような・・・。
先程の写真と同じくらいの時期ですね(^^;)

懐かしんで頂けたら嬉しいです♪


ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


着付師【1】腰紐のかけ方:苦しくない!緩ませない方法を解説

着付師【2】胸紐のかけ方:崩れ知らずの衿元に仕上げる方法を解説

着付師【3】おはしょりの整え方:美しいおはしょりに仕上げる方法を解説

着付師テキストセット【1】【2】【3】【プレゼント】





ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事