帯の締め方はひと巻きめが大事!

帯の締め方にお悩みの方はいらっしゃいますか?

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
帯結びはしっかりと締まった状態に上がり、でもきつさを感じさせない回しと締めが大事ですね。

帯がゆるいと、帯の下線を手で支え、それ以上下がらないようにしたくなりますね。

帯がきついと、窮屈感から具合が悪くなります。「着物がつらい」と思ってしまいます。

自装も他装も、しっかりと帯を締められないと見た目が悪いうえ、着心地も良くありませんから、美しい装いのためにも心地よくしっかりと締めたいですね。

帯は下線を締める」ということは先日書きましたね。
昔の写真と一緒にご紹介させて頂きました(笑)


下線を締めながらということを前提にしまして、進めますね。


帯結びはひと巻きめが命!


帯質によってはひと巻き目でしっかりと締めておかないと、ふた巻きめは締めることが出来ない帯もあります。
ひとめきめにしっかりと締めなくてもふた巻き目で締めればOKという帯は少ないと思います。

ですから、どのような帯でも、ひと巻き目をしっかりと締める習慣がつくと帯結びは楽に進められます。

ひと巻きめで締めたのに、ふた巻き目を巻いたらなんだかゆるんで来た・・・という方はふた巻き目に入ってからの帯の引き、回しがいけなかったことになります。

そうならないように、ふた巻き目に入る時のひと巻きめの帯の流れが大切になるわけですね。

*ひと巻き目を緩ませない

*そのままの力加減でふた巻きを確実に巻いて行く


ということですね(^_-)-☆


指の使い分けと役割を考えて、無駄を作らず進められるようにしたいですね。

帯がどうしてもゆるむ方へ


ひと巻き目にきつすぎるくらい巻いて、ふた巻きめのゆるみ分で全体を何とか調整する方法もありますが、これでは途中苦しいですよね。
私的にはNGです。


ではどうしましょう?

改善点として、帯の締め方を見直すこと。
締め方によって、締まり方が違うからですね。

この「締まる」締め方を見つけられると後は楽です♪

*「締まる」締め方をすれば、無駄な力は必要としなくなります。

*「締まる」締め方をすれば、下線が締まりやすくなります。

*「締まる」締め方をすれば、締めたいだけ締めることができます。

*「締まる」締め方をすれば、お客様の好みの加減に合わせることが出来ます。

*「締まる」締め方をすれば、当然ながら、胴に巻いた帯がピシッと美しい仕上がりが保てます。


イメージできるか分かりませんが、おおよそこんな感じでの違いがあります。

1.ギュ、ギュ、ギュ~

2、ギュ~~~ッ


1の方法と2の方法、どちらが締まると思われますか?

私はギュ~~~ッと深い締め方をします。


1の方法ですと、お客様がギュ~とした回数だけ苦しさを感じるようにありますが、苦しいと感じるだけで実際にはあまり締まっていません。

2の方法ですと、締めたい分だけ締めることが出来ます♪


帯結びの時に、締め方をちょっと研究してみてくださいね。
違いが分かれば、間違いなく改善されます(*^^*)



ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


着付師【1】腰紐のかけ方:苦しくない!緩ませない方法を解説

着付師【2】胸紐のかけ方:崩れ知らずの衿元に仕上げる方法を解説

着付師【3】おはしょりの整え方:美しいおはしょりに仕上げる方法を解説

着付師テキストセット【1】【2】【3】【プレゼント】





ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事
カテゴリ: 着付け技術