FC2ブログ

帯揚げにアイロンの続き♪

前の記事を読み直して。。。
ひとつ書きそびれておりました(汗)

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
▼前回の記事
帯揚げにアイロンまたはお洗濯にチャレンジ! : 小春日和*小春流着付*

私のお教室の生徒さんには、お持ちの方にはお伝えしているのですが、割と皆さんすぐに実行されて、帯揚げを生まれ変わらせ、新品気分でお使いになっています。


絞りの帯揚げ、若い頃にご家族の方に買って頂いたもの、お持ちのかた多いですよね。
ある程度の年齢になると、総絞り(中抜き含む)はあまりにも若々しすぎてちょっと・・・。

そう思うようになってしまうと、その絞りの帯揚げはもう使えなくて、お嬢様がいらしたら娘さん用に~となる流れです。
「うん!うん!」と頷いている方もいらっしゃると思います(^_-)-☆

総絞りの帯揚げを綸子の帯揚げに変身!


この総絞りの帯揚げ、アイロンで絞りをなくしてしまえば、鹿の子模様の帯揚げになりますでしょう?
絞りで色の染まっていない部分はほとんどが白色。

アイロンで絞りを伸ばしてしまうと、白の割合が多くなるため、思いのほか染色の明るい色が気にならなくなります。

こうして、使いにくかった総絞りの帯揚げが、アイロンをかけ伸ばすことで綸子の帯揚げに早変わり!
お色にもよりますが、小紋から訪問着まで、コーディネートを楽しむことが出来ます。


染料を使って自分好みのお色に変身!


「そうは言ってもね、私の総絞りの帯揚げはピンクなのよ。年齢的にもピンクはちょっとね・・・」と思われている方には、もうひと手間をかけて頂ければ、更に素敵に生まれ変わります!

染料を購入して、アイロンで伸ばした帯揚げを染めてしまいます。

その時、濃い染料を使ってしまうと、鹿の子模様が無くなって無地の帯揚げになってしまいます。もちろんこれでも、地紋が入った生地に総絞りになっている帯揚げもありますから、その地紋が浮き出て雰囲気が全く変わって喜ぶことにもなりますが、それば最終で良いと思うの。

まずは薄い色(淡いお色)の染料で、鹿の子が薄っすら残るくらいに染めると、絞られていた白色の部分に淡いお色がつくでしょう?
元からあったお色には、新たな色が加わって深みが出ます。華やかなお色の場合、乗せる色にもよりますが、トーンが落ち着かせられます。または違う色に染めあがりますし。

二色染めの鹿の子模様の帯揚げの完成です!

それを数年使って飽きたら、先ほどのように濃い染料で染めるとまた違う雰囲気になり楽しめますね。


お着物がお好きなご家庭には、総絞りの帯揚げはどこかに眠っていると思います。
タンスの中をちょっと探してみてください。
秋・冬のコーディネートに帯揚げ一枚増えるかもしれません(^_-)-☆


絹素材がほとんどだと思いますが、染色の前には素材の確認もお忘れなく。
こちらの染料ですと、対応繊維の種類が多いので、素材が分からなくても染められそうですね。





こちらのリンク先には、動画もあります。
染め方が乗っていますので、初めての方でも不安なく染めることが出来ます。

私のね、お勧めはね(^_-)-☆
縦に3色ボカシ!

前にも記事で書いていますが、縦ボカシはコーディネートを幅広く楽しめます。左右で色を分けて出したり、組合せで幾通りも楽しめて、一枚の帯揚げなのに、何枚も持っているように使えます。


リンク先の動画には、ボカシ染めの方法も載っていますので、挑戦してみたい方は参考にしてみてくださいね。


もう使わなく(使えなく)なってしまった昔懐かしい総絞りの帯揚げを生まれ変わらせて、今のコーディネートで楽しむのも素敵です♪




ご好評頂いております着付師さん向けテキスト


【着付師【1】腰紐のかけ方:苦しくない!緩ませない方法を解説】

【着付師【2】胸紐のかけ方:崩れ知らずの衿元に仕上げる方法を解説】



毎日の更新!頑張っております♪


小春の~今日の見っけ!~

喪服専用サイト作成!頑張っております♪


喪服の着付け*葬儀の装い* 少しイメージを替えました♪

ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事
カテゴリ: ■着物を楽しむ