帯揚げにアイロンまたはお洗濯にチャレンジ!

最近、「帯揚げ」と「アイロン」のキーワードでご訪問くださる方がいらっしゃるようですので、このキーワードの内容を書きたいと思います(*^^*)

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
帯揚げは、着付けの時の処理方法で、ものすご~いシワになってしまう場合もありますよね。
慌てて着付けた時などは、見えないところは「見ないふり~」となってしまうでしょう。

でも、お家に帰って、着物を脱ぐと「あらら…シワだらけ(涙)」となってしまいますね。

着付師さんは、見えないところにも気を遣って仕上げていらっしゃると思いますので、着付けを依頼された方は問題ないかしらね。

シワはアイロンで伸びます。
正絹素材ですから、シルクのお洋服やショールと考えは同じで良いのです。

でも、和装となると、何となく敷居が高くなってしまって、専門家に任せなくては・・・となるのよね。

自分でお手入れできればその分の金額が浮きますから、チリも積もれば…で何か新しいものが買えます。

しみ抜きなどは、専門家にお任せの方が良い場合もありますので、自分でのシミ抜きはお勧めはしませんが、帯揚げにアイロンをかけるのは少しの注意点を頭に入れておけば大丈夫。怖くはありませんのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

どのような帯揚げなのかをチェック


素材は、ほとんどが正絹だと思います。ポリエステル素材でしたら扱いは更に楽だと思います。

正絹糸でも、撚りや織りによっていろんな表情がありますよね。
また更に素敵に見えるように、刺繍が施されていたり、螺鈿や金糸銀糸などが使われていたり、スワロフスキーがついているものも!

こうなると、アイロンにも注意が必要ですし、素人はかえって何もしない方が良い場合もあります。熱を加えることでその素材にダメージを与えてしまうもあるからですね。
充分に注意しましょう。

スチームは縮緬などシボのあるものにかけてしまう縮んでしまいますのでスチームなしのアイロンが良いですね。
大分前に、ちりめんの正絹半衿をお洗濯して、アイロンをかけた写真を公開しましたが、コツがわかるとお洗濯してもお洗濯前の状態とそう変わらずに仕上げることが出来ます。

初めての場合は、まずは失敗しても大丈夫なもので試してみると良いですね。
コツなども経験を重ねて得て行くものですから、今後もずっと着物を楽しみたい方は、少しずつ慣れて行って頂きたいと思います。


帯揚げをお洗濯&アイロン


お洗濯しても良いかも!と思える帯揚げがありましたら、思い切って洗ってしまうのもお勧めです。スッキリします。
帯枕にかかっている帯揚げ、その部分は汗の吸収はあまりありませんが、帯の中に入っているところは汗をいっぱい吸っていますね。お洋服でしたら、汗を吸ったらクリーニングやお洗濯しますでしょう?
それと一緒です。

ただ先程も書きましたが、装飾されてる帯揚げの場合は充分に注意してくださいね。


帯揚げのお洗濯について、写真付きで詳しく書いてくださっているブログをご紹介しますね。

きもの☆花椿 ☆★~【七緒掲載*オブリージュ】で、帯揚げを洗ってみる~☆★

あやこさんが注意点も書いてくださっていますので、不安な方は写真と注意点をじっくりとご覧になって進めてくださいね。

そしてこのように更にアドバイスを頂きました。

-----------------------------------------
一番、やっかいなのは、お高めのものにありがちな、平織り&紋織みたいに、違う織で模様がはいっているもの。
これは、縮み率がちがうので、地模様の境目にピリつきが出やすいです。
不安な方は、プロにまかせたほうがよいです(o^^o)


普通のおしゃれ洗剤との、わかりやすい違いは、泡切れの良さ でした。
そうゆう小技が効いてるのも、オブリージュの優れた点だと思いました(o^^o)
-----------------------------------------

とのことです♪

あやこさんのブログでお写真に写っているような帯揚げなら、不安もあまりなく進められるのではないでしょうか?

夏物の帯揚げ、仕舞う前にあやこさんのようにお洗濯しておくと、来年の夏着物の時に気持ち良く使えますね。

今までクリーニングに出していた方も、無難そうなものチャレンジしてみるとかかるはずだったクリーニング代で、新しい帯揚げを買えちゃうかもです(*^^*)



オブリージュ詳細ページ






毎日の更新!頑張っております♪


小春の~今日の見っけ!~

喪服専用サイト作成!頑張っております♪


喪服の着付け*葬儀の装い* 少しイメージを替えました♪

ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事
カテゴリ: ■着物を楽しむ