FC2ブログ

麻わた100%の補整を作ってみました!

汗取りベストが到着しまして、アイディアを絞り出しました。
折り紙の世界でした(笑)

今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
 
繊維独特の嫌なにおいもなく、さら~っとしていてホント涼しそうです。
これを着物の補整用に作ってしまおうなんて、わたしったら、何を思ってしまったのでしょうね(笑)
ナイスなアイディアだと頷きながらも、生地さえ販売されていましたら・・・と思います。

縫製も綺麗な汗取りベスト。
生地屋さんでの販売があったらホント良かったのに。

この汗取りベスト(麻100%)をリメイクして、着物用の補整用品に作ると考えて購入したものの、届いた汗取りベストにはさみを入れてしまうのはなんだかもったいないわ…と思ってしまった私。

貧乏性です(汗)


そこで!たたみ方で何とな出来ないものかと考えたのでした(^_-)-☆
畳むだけなら、私と同じように麻繊維の補整を考えている方も気軽に挑戦できると思います。


▼購入しましたのはこちらです。


楽天内で数件した取り扱いがありませんでした。
その中でも一番お安いお店で購入したワタシです(*^^*)


中わた麻100%の汗取りベストで着物用補整を作る


この麻汗取りベストは、

●表地・・・麻100%
●裏地・・・綿100%
●中わた・・・麻100%

という優れものです。
商品ページに詳細が書かれていますのでこちらには書きませんが、中わたも麻100%ということで放熱性と乾燥性に優れています。
ということは着物での補整に最適です(^_-)-☆


では、この先は写真でご紹介した方が分かりやすいと思いますので、お写真をご覧くださいませね♪

麻の補整!完成写真からご紹介します


まずは完成写真。
汗取りベストの形はどこにもありません。
何となく補整っぽく見えますでしょう?

上に乗っている紐は1センチ幅の綿100%の紐です。
止めるところをどうしようかと悩んでいますので、とりあえずひもで準備してみました。
(この形で使用するか、やっぱりリメイクしようかまだ悩んでいます)

手作り麻の補整

麻補整にするためのたたみ方


後ろ見頃側からたたみます(裏面を上に置きます)

(1)平らに広げます
手作り麻の補整の作り方1

(2)三分の一を折ります
手作り麻の補整の作り方2

(3)反対側も同じように折ります
手作り麻の補整の作り方3

前身頃を整えます

※右前身頃と左前身頃は、どちらも表が上を向いた状態になります
手作り麻の補整の作り方4

手作り麻の補整の作り方5

裏に反します

手作り麻の補整の作り方7

手作り麻の補整の作り方6

腰に当たる部分の補整(厚み)調整をします

下側だけを折り上げます
手作り麻の補整の作り方8

手作り麻の補整の作り方9

手作り麻の補整の作り方10

左側から折りたたみます

前を三等分して、クルクルと畳んでいきます。
▼一回目
手作り麻の補整の作り方11

手作り麻の補整の作り方12

▼二回目
手作り麻の補整の作り方13

手作り麻の補整の作り方14

▼右横から見るとこのようになります
手作り麻の補整の作り方15

畳んだ中を見てみましょう

▼上から見たところ。
手作り麻の補整の作り方16

▼下から見たところ。(上に比べて、厚みがありますね)
手作り麻の補整の作り方17


体に付けるとこのようになります


ウエスト補整となりますので、着物ファンデーションのようにウエスト部分に巻きます。
その際、先ほど前身頃で折った厚みのある部分は腰に当てる腰用の補整となりますので、初めに腰部分の位置を固定するようにします。

▼この厚み部分が腰に当たるように
手作り麻の補整の作り方18

▼手前が腰に当たる部分です。他ウエストを一周します。
手作り麻の補整の作り方19

腰部分のたたみ方を工夫して厚みを変える


身長や体型によって腰に当てる補整の厚み位置が変わってきますね。
腰部分に折った生地を少しずらすことで厚みの調整が出来ます。

▼通常はこちら(先程のたたみ方)
手作り麻の補整の作り方20

▼腰部分の記事を少し引き下げだすことが出来ます
手作り麻の補整の作り方21


紐をどこに縫い付けるか悩み中


紐の位置は巻き終わりのバイアステープに縫い付けるのがベストかと思いますが、縫い付けてしまうとお洗濯の時紐が絡んで面倒そう・・・。

それならば縫いつけない方がいいかしら?と思ったり、やはり(嫌いだけど)マジックテープを縫いつけた方が良いかしら?と思ってみたり。

▼紐を縫いつけるとしたら、1本だけにしてウエストに1周半させからげる方法
手作り麻の補整の作り方22

▼紐の中心を縫いつけ、前でからげる方法
手作り麻の補整の作り方23


どちらが良いかも悩み中です。

仕舞う時のたたみ方


先程、左からクルクルと巻きましたが、それに続き右まで巻いていけばOKです。
着物を着始める前、前日の準備時にこのようにしておきますと、着用の際崩れる心配がりませんから安心ですね。

手作り麻の補整の作り方24


たたみながら、工夫しながらあれこれ行っている時、体に巻きつけてしばらく様子を見たりしておりました。
蒸れ感がないのには驚きました。

タオルですとムワ~~~っと熱がこもりますが、それがありませんでした。
中わたが上手に熱を逃がしてくれているんですね。


実際に着物を着た時の感想も待っていてくださいね。
着付け依頼や他の講座等で週明けまでお着物を着られません(涙)

少しお待ちくださいませ。


いかがでしたでしょうか?
このたたみ方でしたら、中わた麻100%の汗取りベストを購入し、すぐに着物時の補整に使えます。

リメイクせずに畳むだけですから、お洗濯も簡単ですね。
畳めば着物のウエストと腰の、麻100%の優れもの補整になり、広げればベスト!

お洗濯はベストを洗うだけ(笑)

こう考えますと、リメイクせずにこのまま使う方が楽かもしれないですね(^_-)-☆


もう少し、腰に補整が必要な人もいらっしゃると思います。
その場合には普通の綿のタオルを使ってしまうと麻の良さを実感できないかもしれないですから、麻のタオルがお勧めですね。




こちらはボディタオルですが、通気も良いですし、先ほどのたたみ方である程度の補整が出来ていますので、それほど厚みがなくても良いと思います。
(体型によって違いがありますけれど…)

このタオルは汗取りベストを販売しているお店に取り扱いがありますので、一緒に購入できます(^_-)-☆

私は購入する際に、この麻のタオルに気付かなかったの、残念でした。

だから、手芸屋さんで麻のバイアステープと一緒にワッフルの綿麻の生地を購入しました。



これをタオルのようにカットして使おうと思っています。
ちょっと面倒だわ(涙)


ではまた良いアイディアが浮かびましたらご紹介させて頂きますね。

綿のタオルとの違い、これがとても嬉しいです。
麻のシャリ感、夏には最高ですね!




毎日の更新!頑張っております♪


小春の~今日の見っけ!~

何気に地味~に頑張っております♪


浴衣の着付けと帯結び

ブログランキングに参加しております


お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します。
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング
 
関連記事