お子様の着付けは着付師のペースで。

珍しくちょっと時間に余裕のあった時に最寄駅の写真を撮ってみました。
今日ではなく、10月に撮ったものなのですが…(笑)


今日もよろしくお願いいたします


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村



▼改札の外
埼玉高速鉄道:鳩ヶ谷駅

埼玉高速鉄道:鳩ヶ谷駅


▼改札の中
埼玉高速鉄道:鳩ヶ谷駅

埼玉高速鉄道:鳩ヶ谷駅


今日はこの雨の中、七五三のお着付でした。
元気なお坊ちゃんで可愛らしく、気の利いたことを沢山してくれて、楽しい着付時間となりました。

七五三の着付けの時、元気いっぱいのお子様の場合、着付けの流れが中断することもありますね。
でも、着付師の持って行き方で大体はカバーできます。
まずは仕上がり時間の確認で、もし時間的に余裕がある場合、ある程度こちらも余裕の表情で着付けに臨めますね。
時間がない場合、焦りが着付けに出てしまうこともあるでしょうから、テキパキこなしてしまいたいところかと思います。

お子様がいろんなものに興味を持ち、触ってみたい!気持ちになることは当たり前ですね。

我が家では息子は落ち着きがあった為、何をさせるのも苦労したことはないのですが、これは育児サイト(小春のおっぱい育児)の方に綴っていますが大人の方で関心を他に持って行くことで回避できてしまうのですね。

それを着付の時にも活かしています。

興味を持ったらまず触ってもらって、そして年齢的にも人の役に立ちたい気持ちを尊重して、お手伝いを多くして頂いています。

「お手伝いしてもらっても良いかしら?」

「ここを押さえていてもっらても良いですか(^^)?」

あれこれとお願いしてしまうと、ホントわずかな時間でもそのことに集中して懸命に「役に立とう!」と頑張ってくれます。

「ありがとうね(^^)とっても助かっちゃった♪」

そして、「次もまたお手伝いしてもらっても良いかしら?」と適度な間を空けてお願いします(^_-)-☆

だんだんと飽きてきてしまうので、少し難易度を上げたお手伝いをお願いいたします(笑)

「さっきよりも、ちょっと難しいけれど、お手伝いしてもらえるかしら?」と。

「これをお手伝いしてもらえると、すご~~~く助かっちゃうの(^^)」と頼ります。

人のために役に立って、お礼を言われ褒められるととても嬉しくなるのね、可愛い♪


こんなふうにお手伝いをお願いしながら着付けを進めて行くことで、着付師はお子様と近い関係になります。
お名前を聞いてきてくれたり、最後にはキチンとご挨拶できたりと、短い着付時間でもぐ~んとお兄ちゃん、お姉ちゃんになった感じがするようです。
誇らしげな表情もまた可愛くて。


これは子育てから学んだことです。
ダメダメ!を言うと、子供って面白がってやめてほしいことを続けますね。

関心を他に向けることは大人にとっては容易いことですね。

「ちゃんと立っててね!」

「動かないでね!」

「お支度出来ないよ~!」

と言ってもこれは大人の都合でのこと。
お子様にはとても窮屈な、嫌なことです。

着付けも遊び感覚で、関心を着付けに向けたり、他に向けたりしながら、手際よく着付けられるとお子様にもご家族様にもお喜び頂けますね♪


お子様に振り回される事無く、着付師のペースで着付けが出来るよう、自分のペースを作っておくと良いですね。
ダメダメ!はお子様には通用しないんですもの(^_-)-☆






振袖特集


小春のダウンロードマーケット オリジナルテキスト一覧

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング

ブログランキングに参加しております。
お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



▼facebook小春の着付教室
「いいね!」キャンペーン






▼小春の運営サイト▼









V-up



*

ブクログ
関連記事