FC2ブログ

きものの文様

お待たせをいたしました(^^;)
文様の本をご紹介いたします。

今日もよろしくお願いいたします


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村



着付師さんも着付講師さんも、やはり知っておきたいのがきものの文様(紋様)。
着付けの時にお客様より「この模様はなんていう名前ですか?」と聞かれて、「こちらの文様は…」とスラスラ~と伝えられると、お客様も知識を得られますので喜ばれます。

また続く着付けにおいてもその着付師さんにお任せすれば安心!と100%の信頼を寄せて頂けます。


まあ、文様の知識があっても、技術が伴わなければ話は別ですが、私のように幼く見られてしまう方はちょっとは効果があるかも!です。

私、若くではなく幼く見られてしまうことが多く、着付け開始前ですと「あなたで大丈夫なの?」というようなお客様の不安そうな心の声が聞こえます。

確かに着付けの世界ではある程度お年を召された方の方が、着付技術が上という感覚がありますものね。
仕方がありません(涙)

そんな私ですが、着付け上がりにはお客様とすっかりと打ち解けて、素敵な笑顔を見せて頂けることで、私の技術を認めて頂けたと嬉しくなります。

着付け途中にはお客様との会話がつきものですね。

お客様が心地よくなるよう配慮しながら、しゃべりすぎてもいけませんし、上からの物言いみたいになってもいけませんし、知識があるからって自慢げに話しても不快な思いをさせてしまいますものね。

伝え方も色々と勉強しなくてはなりませんが、基本充分な知識は必要ですaripanda.gif


文様については、着付けや着物に関わる方には切っても切り離せないほどつながりがあります。
「知りません。」とはなかなか言えない部分がありますね。

着物は全て紋様からなっていますものね。
色無地でさえ、地紋のある生地も多くありますものね。
ひとつでも多く文様を覚えたくなると思います。


さて前置きが長くなりましたが、文様について詳しく書かれている本をご紹介します。



きものの文様


文様の本はいろいろと出ていますが、こちらがお勧めです。




上記ご紹介の本は楽天ブックスですが、他でもお求めになれます。
ご紹介以外の文様の本もいろいろとありますので、ご自分に合った文様の本を見つけて、楽しみながら覚えてくださいね。

きものの文様(楽天市場)

きものの文様(Amazon)

きものの文様(Yahooショッピング)





振袖特集


小春のダウンロードマーケット オリジナルテキスト一覧

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング

ブログランキングに参加しております。
お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



▼facebook小春の着付教室
「いいね!」キャンペーン






▼小春の運営サイト▼









V-up



*

ブクログ
関連記事