親先生の着物で。

金曜日に親先生のお宅へ参りまして、楽しく過ごしてきました。
素敵なプレゼントを頂いてしまいました(*^^*)


今日もよろしくお願いいたします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村



親先生がお召しになっていたお着物、お気に入りの紬
洗い張りをしてはお召しになっての繰り返しをされた紬の着物。
約50年くらいお召しになられたお着物です。

大好きな着物ですから出番が多く大事にお召しでしたが、いよいよ着られなくなりました。

洗い張りをして「この着物赤沢さんに単衣で着てもらえたら良いわね!」とお仕立てのできる先生の娘さんとお話をされていたとお話してくださいました。

「そしたらね。もう生地が薄くなってしまって、縫い目だったところは生地が弱く、裂けてしまうかもしれないほど。お尻のところとお膝のところはやはり擦れの為、生地が弱っていて着物にはできない状態だったの。」と。

「これでは無理ね…。」となり、手提げを作ることにされて、私にもひとつ作ってくださいました。

もう涙が出ちゃうくらい胸が熱くなりました。

本当にありがとうございます、感謝の気持ちでいっぱいです。

着物地の手提げ

絣の柄が良い感じに出ていてとっても素敵♪

着物地の手提げ

着物地の手提げ


親先生は学院へ月に一回行かれていまして、今月の定例会にこの柄の手提げをお持ちになったんですって。
資料に使うA4サイズのファイルもピッタリ入る大きさですから♪

そうしましたらいつものお仲間(親先生も含め顧問の先生方の会議の出席者)が「あれっ?どこかで見たような…、見覚えのある柄ね(^^)」って。

親先生がいつもお召しになっていたお着物の柄をちゃんと覚えていらっしゃるのですね。
素敵なお仲間♪

着物一枚にもいろんな想い出がギッシリ詰まっていますものね。

前日に着物を選んでいるときにも「この着物は…」「あの着物は…」と想い出がよみがえってきますね。
そして当日、袖を通しながら、あれこれと懐かしい想い出が心の中を…。

皆様もそうではないですか(^_-)-☆
着るたびにいろんな想い出が、着物を選ぶとき、着付けのときを楽しい時間にしてくれます。



着られなくなってしまった着物、こうして形を変えてまだまだ使うことが出来るなんて、本当に素敵だと思います。

「想い」をいつまでも大切にして着物を、和を楽しみたいと思いました。


私が頂いた大切な手提げバッグ。
使うのがもったいない!
そう思い、眺めるだけの日が多くなりそうですが、先生の想いを大切にしながら使わせて頂きたいと思います。




小春のダウンロードマーケット オリジナルテキスト一覧

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
着物着付けランキング

ブログランキングに参加しております。
お時間がございましたら、1クリックをよろしくお願い致します
皆様に温かく支えて頂きまして、心より感謝しております。
本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



▼facebook小春の着付教室
「いいね!」キャンペーン






▼小春の運営サイト▼









V-up



*

ブクログ
関連記事